社会との協働による課題解決型研究とオープンリサーチデータ

Description
1. 社会との協働による課題解決型研究と オープンリサーチデータ Issue-driven transdisciplinary approaches and open research data 近藤 康久…

Please download to get full document.

View again

of 20
All materials on our website are shared by users. If you have any questions about copyright issues, please report us to resolve them. We are always happy to assist you.
Information
Category:

Science

Publish on:

Views: 3 | Pages: 20

Extension: PDF | Download: 0

Share
Transcript
  • 1. 社会との協働による課題解決型研究と オープンリサーチデータ Issue-driven transdisciplinary approaches and open research data 近藤 康久 Yasuhisa Kondo 1 研究データとオープンサイエンスフォーラム 2016年3月17日・国立国会図書館
  • 2. 自己紹介 • 出身分野は考古学 • 総合地球環境学研究所(地球研) 研究高度化支援センター 情報基盤部門に所属 • GIS・リモートセンシング担当 • オープンサイエンス推進担当 • IR室設置準備担当 • 日本地球惑星科学連合(JpGU) システム改修担当 • http://researchmap.jp/yasuhisa_kondo • 0000-0001-7670-4475 2
  • 3. • 文部科学省所管の研究機関。京都市北区上賀茂に所在。 • 地球環境問題を「人と自然の相互作用環」の視点から研究。 • 文理融合型の共同研究プロジェクトを時限付きで推進。 • 社会の多様な課題当事者との協働研究が持ち味。 3 RIHN is promoting transdisciplinary research in global environmental studies through collaborations with diverse stakeholders in the international society.
  • 4. 社会との協働による課題解決型研究 私の研究例:中東オマーンの文化遺産目録構築 4 Site Type Appellation Arabic English Location Coordinates Boundary Wilayat Region Topography Architecture Material Dimension Height Length AreaDescriptionSmall finds Event Construction Date Period Termination Date Period Inspection Date Staff Photograph Condition Ownership Tourism Damage Land use Assessment
  • 5. Transdisciplinary approach “超学際研究” 地球環境問題などの社会課題を解決するための 政府・自治体・企業・NPO・地域住民など 社会の多様な当事者(利害関係者)との協働による • 研究の設計 (co-design) • 知識の生産 (co-production) • 成果の展開 (co-dissemination) (Mauser et al. 2013. doi:10.1016/j.cosust.2013.07.001) • 意思決定を支援する選択肢の提示 (co-leadership) が特に重要 5
  • 6. 研究者 課題当事者 社会協働研究の類型(1) Participatory Research 6 研究成果 例:質問紙調査、アイディアソンなど
  • 7. 社会協働研究の類型(2) Action Research 7 研究者 課題当事者 研究成果 (社会実装)
  • 8. 社会協働研究の類型(3) (狭義の)Transdisciplinary Research 8 研究者 課題当事者 課題解決 のための 意思決定 + 相互理解 意思決定者 “Co-x” Co-plan Co-product Co-delivery Co-leadership
  • 9. Transdiscilinary approach x Open Science = ? 近未来予想:市民参加型科学(シチズンサイエンス)が 社会協働研究との相乗効果により、科学と社会のイノ ベーションを加速させる。 • 専門的知識・技能をもつ市民がボランティア(プロボノ)として 研究に参画し、職業研究者とは異なる立場/視点/意識でデー タを収集・分析することにより、職業研究者の思いもよらない 研究方法や解釈が生み出される(科学イノベーション)。 • 職業研究者がシチズンサイエンスの成果を取り入れるととも に、より多くの研究者が社会との協働に基づく研究を実践する ことにより、社会課題の解決に資する研究成果が次々に生み 出される(社会イノベーション)。 9
  • 10. Transdiscilinary approach x Open Science = ? 10 研究者 課題当事者 課題解決 のための 意思決定 + 相互理解 意思決定者 Co-x プロボノ
  • 11. 知識・技術の持ち寄りと融合が鍵 11 研究者 課題当事者 課題解決 のための 意思決定 + 相互理解 意思決定者 Co-x プロボノ 科学知 在来知 行政知 うまく共有するには、どうすればよいか? 技術知
  • 12. 社会との協働による課題解決型研究を サポートするためのデータシェアリングは、 国際的にどこまで進んでいるか? …という問題意識を持って、RDAに参加しました。
  • 13. 13  IG Certification and practical policies associated with the biodiversity data repositories  IG Repository platforms for research data  IG Long Tail of Research Data  Transdisciplinarity に言及あり。  IG Digital Practices in History and Ethnography  BoF on Research Data Repository Interoperability  全体として、(広義の)研究者コミュニティー外部の当事者と のデータ連携は、今後の課題という印象を受けた。 参加した分科会
  • 14. 14 地球環境研究のオープンデータ状況調査 doi: 10.1371/journal.pone.0146695 Schmidt et al. (2016)
  • 15. 15 回答者数 1,248人(うち研究職70%・行政職18%) doi: 10.1371/journal.pone.0146695
  • 16. 16 オープンデータに重要なのは doi: 10.1371/journal.pone.0146695 品質が明確 メタデータが明確 アクセスが容易 再配布可能 制限がないこと 無償 許諾条件が明確 低コスト 学術に有用 適時性 アクセス制限
  • 17. 17 データをオープンにする動機は doi: 10.1371/journal.pone.0146695 研究応用を加速 成果をより広く 知ってもらいたい 個人的貢献意欲 ユーザリクエスト 資金提供者の方針 学協会の方針 所属機関の方針 コミュニティの規範 出版社の方針
  • 18. 18 データをオープン化を阻害する要因は doi: 10.1371/journal.pone.0146695 出版まで猶予 法的制約 信用の喪失 誤解・誤用の懸念 知的財産権の喪失 所属機関の制約 商用利用の懸念 共著者の同意困難 一人歩きの懸念 法的責任の懸念
  • 19. 19 「出版してからデータを公開」に最もこだわるのはポスドク層 doi: 10.1371/journal.pone.0146695
  • 20. 20  RDA は Knowledge Action Network (KAN)  (東京開催なのに、、)日本は存在感が薄かった( underrepresented)。  仲間の輪に入るには、場数と積極性が必要。  「はじめから国際的にやらなきゃダメ」(地球研オー プンサイエンス研究計画に対する外部評価委員の コメント)  研究者以外の当事者は、オープンリサーチデータ をどう認識している?どう取り入れる?  Comfort zone から飛び出そう! RDAに参加した感想
  • Similar documents
    We Need Your Support
    Thank you for visiting our website and your interest in our free products and services. We are nonprofit website to share and download documents. To the running of this website, we need your help to support us.

    Thanks to everyone for your continued support.

    No, Thanks