IBM Watson AnalyticsとBoxの連携

Description
1. IBM Watson Analytics とBoxの連携 2016年6月9日 日本アイ・ビー・エム株式会社 アナリティクス事業 2. © IBM 2016 2…

Please download to get full document.

View again

of 39
All materials on our website are shared by users. If you have any questions about copyright issues, please report us to resolve them. We are always happy to assist you.
Information
Category:

Data & Analytics

Publish on:

Views: 3 | Pages: 39

Extension: PDF | Download: 0

Share
Transcript
  • 1. IBM Watson Analytics とBoxの連携 2016年6月9日 日本アイ・ビー・エム株式会社 アナリティクス事業
  • 2. © IBM 2016 2 http://www-06.ibm.com/jp/press/2015/06/2602.html IBMとBoxは製品とサービスを統合し、お客様のための 新たな革新的ソリューションを提供をいたします! アナリティクス ソーシャル セキュリティー 業種・業務別サービス クラウド・コンテンツ・ コラボレーション・ プラットフォーム APIレベルでのアプリケーションや サービス統合 2015年6月 IBMとBox グローバル・パートナーシップを締結
  • 3. © IBM 2016 3 世界50,000社以上の企業が利用する、ビジネスユース実績No.1の コンテンツシェアとコラボレーションのためのクラウド型ファイル共有サービス です。 モバイルワークスタイルに最適 アプリ、ブラウザの両方が使える 120種類以上のファイルをプレビュー オフラインで仕事して、後でクラウドと同期 OneCloudで提供される1,000以上の連携アプリ エンタープライズレベルのセキュリティ きめ細かい7段階のアクセス制御 あらゆる操作を漏れなく記録する監査ログ 可能な限りデータをクラウドから出さない思想 ダウンロードさせないでコンテンツ共有可能 大規模・グローバル・システム統合 容量無制限・多言語対応 APIによるシステム連携が可能 社内外を問わないコラボレーション メタデータによる検索と情報の関連付け プレビュー機能・タスク&ワークフロー Box Editを使った直接編集 Boxとは
  • 4. © IBM 2016 4 IBM Watson Analyticsのデータソースとして、Box内に格納され たCSVもしくはXLSファイルが利用できます。セキュアなファイル共有 が実現できますので、特にモバイルユーザにお勧めです。 お客様先でデータ活用 外出中にデータ活用 IBM Watson Analytics と Boxの連携 社内でのデータ共有に
  • 5. © IBM 2016 5 • 是非ご登録の上、一度Watson Analyticsを体感ください。 • 現在、以下のサイトからご登録いただきますと30日間 Professional Editionがご評価いただけます。 https://watson.analytics.ibmcloud.com/product IBM Watson Analytics 登録URLはこちらです 登録方法の説明資料はこちらです http://www.slideshare.net/ibm_analytics_japan/watson-analytics- 62091760
  • 6. © IBM 2016 6 30 Day Trial Free Plus Professional Dataset size and storage 500 columns, 10M rows, 100GB 50 columns, 100k rows,1MB storage 256 columns 1M rows, 2GB 500 columns, 10M rows, 100GB Number of users Single Single Single Multiple Relational databases Yes Yes Yes Cloud data connectors Yes Yes Yes Twitter data Yes Yes Yes Cognos Analytics connector Yes Yes Teams and collaboration Yes Yes Access on premise data Yes Yes Analytics Exchange Full Access Limited Access Full Access Full Access Monthly Subscription ¥0 ¥0 ¥4,282 per user ¥11,500 per user Watson Analytics 新バージョンのEdition以下のIBM Watson Analyticsのエディションで Box連携が可能です。 2016年6月現在
  • 7. © IBM 2016 7 Boxアカウントの取得 IBM Watson Analyticsのアカウントとは別に Boxのアカウントが必要になります。 すでに、お使いのBoxのアカウントをお持ちのお客 様はこのステップは不要です。
  • 8. © IBM 2016 8 http://bit.ly/1XUNTTc Boxの30日間無料トライアルはこちらです 必要事項を記載の上、「続行」をクリックしてください。
  • 9. © IBM 2016 9「メールの確認」をクリック 登録したメールアドレスに通知が来ます
  • 10. © IBM 2016 10 登録したアドレスで「サインイン」
  • 11. © IBM 2016 11 Boxにアカウントが作成されます
  • 12. © IBM 2016 12 Boxへデータソース・ファイル をアップロード
  • 13. © IBM 2016 13 「アップロード」でファイルを選択 IBM Watson Analyticsでデータソースとして使え るファイルは、 CSVもしくはXLSです。
  • 14. © IBM 2016 14 ファイルを選択
  • 15. © IBM 2016 15 「アップロード」をクリック
  • 16. © IBM 2016 16 Box側の準備は完了です
  • 17. © IBM 2016 17 IBM Watson Analytics でBoxにアップロードされた ファイルを読み込む
  • 18. © IBM 2016 18 IBM Watson Analyticsにログイン
  • 19. © IBM 2016 19 「+ New data」をクリック
  • 20. © IBM 2016 20 「Box」をクリック
  • 21. © IBM 2016 21 「Browse」をクリック
  • 22. © IBM 2016 22 Boxに接続
  • 23. © IBM 2016 23 IBM Watson Analyticsにアップロードする ファイルを選択
  • 24. © IBM 2016 24 Uploadが開始されます
  • 25. © IBM 2016 25 IBM Watson Analyticsで分析を行う準備ができ ました
  • 26. © IBM 2016 26 IBM Watson Analyticsの使い方は以下のサイ トをご参照ください。 • 機能概要 http://bit.ly/1TFQef9 • さわってみよう!Data 編 http://bit.ly/259W5Vm • さわってみよう! Discover 編 その1 http://bit.ly/1Tl6TqQ • さわってみよう! Discover 編 その2 http://bit.ly/1XhULK6 • さわってみよう! Discover 編 その3 http://bit.ly/23VMDPw • さわってみよう! Display 編 その1 http://bit.ly/1XhUWF0 • さわってみよう! Display 編 その2 http://bit.ly/1ThB9Rj
  • 27. © IBM 2016 27 <補足資料> IBM Watson Analyticsのご紹介
  • 28. © IBM 2016 28 • 現場の事業部門の方向けの、分析用のクラウド・サービスです。 マーケティング キャンペーン計画と 投資収益率 (ROI) 営業 顧客維持 財務 売掛管理の優 先順位付け オペレーション 品質分析 人事 従業員との リレーションシップ IBM Watson Analytics とは 現場の事業部門の方向けの、分析用のクラウド・サービスです。
  • 29. © IBM 2016 29 Source: Analytics: The New Path to Value, a joint MIT Sloan Management Review and IBM Institute for Business Value study. Copyright © Massachusetts Institute of Technology 業務が忙しすぎて 分析作業には 時間がとりずらい (34%) 分析ツールの使い方 に自信がない (38%) データが どこにあるか 見つけにくい (24%) IBM Watson Analytics とは IBMの最先端の技術を用いて、『こういう分析ツールがあったらいいな』 を具現化しました。
  • 30. © IBM 2016 30 • ガイド型分析 • 分析内容とビジュアライゼーションに応じて、適宜分析軸をおすすめしてます • また分析内容と分析軸に応じて、適宜ビジュアライゼーションをおすすめします • 統計解析機能 • 統計的な相関関係、予見、要因分析などの統計解析により、何がビジネスに最も影 響を与えているかだけではなく、何が影響を与えそうかという事も踏まえた分析結 果を提示しビジネスユーザを最も重要なビジネス・ドライバーへと導きます • 自然言語をベースとした “Cognitive” コンピューティング • 通常業務で使用している言葉で問いかけができます • IBM Watson Analyticsはビジネスを理解し問いかけに対して返答します ※2016年6月現在英語のみサポートしています。 IBM Watson Analyticsの革新的なポイント
  • 31. © IBM 2016 31 • クラウドでサービスを提供 • いつでもどこでも利用ができます • すぐに利用をはじめられます • 運用管理は一切不要です • 最新の技術がどんどん取り込まれていきます • 協業パートナー様とのアライアンス・エコモデル • Twitterデータの利用にトレンドの可視化 • データ・マーケット・プレイス(Analytics Exchange)との連携 ※2016年6月現在ベータ稼働中。 IBM Watson Analyticsの革新的なポイント
  • 32. © IBM 2016 32 ? ? … ? ? ? 従来型BIツール Watson Analytics Value and Trust データの価値と信頼 Exploration and Innovation 探索とイノベーション Systems of Insight 洞察を導き出すシステム ミッションクリティカルな レポートと分析 日々の疑問の問い合わせや 新しい発見 新しい洞察 正しいデータからの 精度の高い洞察 従来型BIツールとの位置づけの違い
  • 33. © IBM 2016 33 時間 分析効果 現在 従来型ツールを用い、時間をかけてゴールにたどり着く手法 1)自動提案 3)新たな発見へ 新たな発見 分析 結果 2)短時間での分析 (負荷軽減・時間短縮) 分析 結果 IBM Watson Analytics の目指すもの
  • 34. © IBM 2016 34 このデータから見たいのは、こういうものですかね??
  • 35. © IBM 2016 35 こういうのも見たいんじゃないですか?
  • 36. © IBM 2016 36 データ項目によって、Watson Analyticsが推 奨するビジュアライゼーションが変わります このデータの見方なら、このビジュアルがいいですよ。
  • 37. © IBM 2016 37 このデータではこの項目とこの項目に相関があります。
  • 38. © IBM 2016 38 このデータは汚いんで分析に向いていないですよ。
  • 39. © IBM 2016 39 https://www.facebook.com/BusinessAnalytics/
  • Related Search
    We Need Your Support
    Thank you for visiting our website and your interest in our free products and services. We are nonprofit website to share and download documents. To the running of this website, we need your help to support us.

    Thanks to everyone for your continued support.

    No, Thanks