ハマる!HoloLensアプリ開発

Description
1. ハマる!HoloLensアプリ開発 株式会社ネクストスケープ 酒井 辰也 2. 自己紹介 酒井 辰也 株式会社ネクストスケープ…

Please download to get full document.

View again

of 14
All materials on our website are shared by users. If you have any questions about copyright issues, please report us to resolve them. We are always happy to assist you.
Information
Category:

Technology

Publish on:

Views: 100 | Pages: 14

Extension: PDF | Download: 0

Share
Transcript
  • 1. ハマる!HoloLensアプリ開発 株式会社ネクストスケープ 酒井 辰也
  • 2. 自己紹介 酒井 辰也 株式会社ネクストスケープ クラウドインテグレーション事業本部 コンサルティング&テクノロジー部 • 元々は業務系システム開発をやってました • Winアプリとか、Webとか、モバイルとか • 今はxRアプリ開発をやってます • HoloLens+ARアプリ • Holo&Unity開発歴10か月くらい • 中富良野町出身
  • 3. リアルサイトビューアー HoloLens越しに建物の完成イメージを 原寸大で表示 ネクストスケープで開発したもの HoloLens巡視ソリューション クラウド上に集約された IoT の計測情報を 現実世界に合成
  • 4. 環境構築編 ハマる!HoloLensアプリ開発
  • 5. PCのストレージ足りない問題 • PC環境は普通にアプリ開発できる環境であればOK • Celeron、メモリ4GBとかはだめですよ • ただし、ストレージ容量には注意 • とにかくたくさんあると良し • 512GB 以上は欲しいなー • 256GBで運用はつらい・・・ • アクセス速度が速いとなお良し • SSD推奨
  • 6. 環境構築でミスりやすい問題 • Unityのインストール先はバージョン別で • 絶対複数入れることになる • 最初から考慮しておくと良し、そうしないと上書きしちゃう • Unityのバージョンはチーム内でまとめましょう! • そのバージョン入れてなかったとかやめてー • VisualStudioオプションの付け忘れに注意 • UWP開発にチェックが入ってないだと・・・(実話) • 環境構築は先人の方々のまとめを使いましょう • ただし、バージョンアップが速いので作成日には注意
  • 7. 開発編 ハマる!HoloLensアプリ開発
  • 8. 開発環境のバグ問題 • Unityのバグ • 割と開発が進んでから発覚することもある • 例)2017.2.1f1:Traking Lostすると固まる →2017.2.1p2で修正(注:このVerには別の問題もあるので注意) • お客様に見せる直前に発覚するとかやめて。。。 • 安定バージョンを見つけよう • バージョン上げ下げは割と面倒 • 挙動が不審な時はソースを追うのも手 • Unityは一部のコードが公開されています
  • 9. 開発環境(現実)の問題 • 机の上だけじゃデバッグできない • 実寸大の自動車とか机に乗るか! • 歩き回ったりもするので オフィスが狭いとつらいです • 広いスペースがいるよ • 実寸大マンションとか、 オフィス全部使っても不可 • とにかく、現地でテストしましょう! • 開発中、他の人から最初は変な目で 見られるよ
  • 10. 展示会編 ハマる!HoloLensアプリ開発
  • 11. ネットワーク問題 • 人が混むと無線も混む • 開発者イベントとか特に注意 • ポケットWifiには期待しない • Bluetoothとかもまれにダメになる! • 無線LANは5GHz帯を使う • なるべく強力な親機を使おう • LivePreviewは有線やSpectatorViewを使う • 最悪、無線が使えなくてもなんとかできるようにする • 操作系はタップでもできるようにするなど • DevicePortalのVirtualInputは最後の手段
  • 12. 気温問題 • 気温が高くなるとHoloLensは落ちます • 何も言わずに落ちます • 屋外は直射日光にも注意 • 数分で死亡した例も • とにかく冷やして頑張る • 精密機器なんで湿度などにも 当然注意する • そういう環境は事前テストを入念に 注)HoloLensは屋内の快適な環境で使うことを想定した機器です ホロ×クーラーボックス
  • 13. まとめ • 情報収集はしっかりしましょう • まだまだ、更新速度は速いです • なるべく本番に近い環境でリハーサルを • 現地でないとわからないことは多いです • 余裕を持ったスケジュールで開発する • テストや調整などで今までのアプリ以上に時間がかかります • とはいっても、なかなかそうはいかないものですが・・・ • 今回紹介したのは一例です • 他にもいろいろ起こってます
  • 14. ありがとうございました!
  • We Need Your Support
    Thank you for visiting our website and your interest in our free products and services. We are nonprofit website to share and download documents. To the running of this website, we need your help to support us.

    Thanks to everyone for your continued support.

    No, Thanks