チラシ(両面)

Description
分 合 、 奇跡の一本松 (岩手県陸前高田市) 自然災害 備 。 復興力。 災害公営住宅 (岩手県大 町吉里吉里)…

Please download to get full document.

View again

of 2
All materials on our website are shared by users. If you have any questions about copyright issues, please report us to resolve them. We are always happy to assist you.
Information
Category:

Documents

Publish on:

Views: 13 | Pages: 2

Extension: PDF | Download: 0

Share
Transcript
分 合 、 奇跡の一本松 (岩手県陸前高田市) 自然災害 備 。 復興力。 災害公営住宅 (岩手県大 町吉里吉里) ∼新たなふるさとづくりに向けて∼ 曳き船まつり 入場無料 いわて三陸復興フォーラムin長野 (岩手県釜石市) 2016 12.3 (土) 14:00-16:30(予定) ホテルメルパルク長野「メルパルクホール」 岩手県公式インターネット番組 いわて希望チャンネル (ニコニコ生放送) で配信予定 主催/岩手県 共催/長野県 後援/復興庁 信濃毎日新聞社 鼎 談 テーマ「地域で進める災害からの復興」 来賓 全体スケジュール ★ 14 : 00 開会 岩手県知事あいさつ ★ 14 : 05 内閣府大臣政務官兼 復興大臣政務官あいさつ ★ 14 : 10 鼎談 ★ 14 : 50 (休憩) ★ 15 : 05 パネルディスカッション ★ 16 : 30 閉会 長野県知事 岩手県知事 信州大学 地域防災減災センター センター長 内閣府大臣政務官兼復興大臣政務官 阿部 守一(あべ しゅいち) 達増 拓也(たっそ たくや) 菊池 聡(きくち さとる) 務台 俊介(むたい しゅんすけ) 展示コーナー 岩手日報報道パネル展 パネルディスカッション テーマ「地域の復興力」 岩手日報紙面をパネル化して展示。震災後から継続 される復興への取り組みや、長野とのつながりの パネリスト紹介 ニュースなども交えて構成します。 IBC岩手放送 3.11岩手・大津波の記録 ∼2011東日本大震災∼ I BC岩手放送が制作した、「3.11岩手・大津波の記 録∼2011東日本大震災∼」を特別編集し会場にて 放映します。 大 町安渡町内会 長野県白馬村 旅館「木塵(もくじん)」 いわて三陸復興マルシェ 会長 佐々木 慶一(ささき けいいち) 代表取締役 柏原 周平(かしわばら しゅうへい) 会場内では岩手県産品の物販もございます。 大 町出身。東日本大震災時は安渡1丁目町内 2014年11月22日、長野県北部を震源とする最 三陸の豊かな恵み、 たしかな手仕事をお買い求めください。 会長、避難所では代表を5か月間務めた。2012 大震度6弱の長野県神城断層地震に見舞われ 年から統合した安渡町内会会長。安渡地区は震 た北安曇郡白馬村神城三日市場の旅館木塵の ご来場の皆様に 災時、避難誘導や救助に出向いた住民の多くが 3代目経営者。趣味の延長で企画した 「プラモデ 犠牲になったことから、地区住民への徹底的な聞 ル作り合宿」の参加者16人が滞在する中、地震 三陸産いわてわかめ(パック入り) き取りと検証を行い、先駆的な地区防災計画を が発生。再び営業するにはほぼ新築に近い大規 無料プレゼント! 策定。要援護者の支援時間を 「地震後15分以 模なリフォームが必要な状態に陥った。 「 廃業す 全国の皆様のご支援により震災から 内」に限定する「退避ルール」を盛り込んだ。その ることも考えた」 が、多くの友人や常連客らのさま 後も実効性を確認するため地区津波避難訓練を ざまな支援や励ましを受け「恩返しをする場所を 復活した三陸産いわてわかめ。 ご来場 定期的に開催。毎回テーマを絞って訓練を重ね、 作りたい」 と決意。地震から1年後の2015年11 の皆様にもれなくプレゼントいたします。 犠牲者ゼロの避難のあり方を探り続けている。 月22日に営業再開の「復活祭」 を開催。同祭に 肉厚で弾力があり、風味豊かな三陸産 また、誘致企業と住民の「顔合わせ会」を開くなど は、1年前共に被災した滞在客16人全員が駆け いわてわかめをご堪能ください。 地域コミュニティの形成にも尽力している。 つけ、全館改装オープンを果たした。 有限会社ヤマキイチ商店 岩手県県土整備部建築住宅課 専務取締役 君ヶ洞 剛一(きみがほら たけいち) 技師[長野県からの派遣]竹森 恒平(たけもり こうへい) 開催場所マップ 釜石市出身。高校まで釜石市で過ごす。大学 2010年4月に長野県建築技術職員となり、 主に 「メルパルクホール」 ホテルメルパルク長野 卒業後、百貨店に勤務。 2007年に釜石に戻 設計図等から建築物の安全性をチェックする建 〒380-8584 長野県長野市鶴賀高畑752-8 り、家業を継ぐべく、ヤマキイチ商店に入社。イ 築確認申請の業務に従事。 2014年11月22日に (JR長野駅より徒歩5分) ンターネットを通じ、主力商品である「泳ぐホタ 発生した長野県神城断層地震においては、 被災 テ」を中心に、地元の海産物を全国の食卓に 直後の建物の被害状況を調査する 「応急危険 ホテルメルパルク長野 お届けする通信販売業を営む。徹底した鮮度 判定」 に関わる業務を経験。 2016年4月より、災 「メルパルクホール」 管理にこだわり、日本一高い値段で仕入れ、 日 害復興の応援派遣職員として岩手県庁へ勤務。 本一高い値段で売るホタテ屋をコンセプトとし 2011年3月11日に発生した東日本大震災によ ながの ている。ホタテを通じて世の中に貢献し続ける り、住宅を失われた方等が入居される 「災害公営 東急百貨店 ことが目標。 住宅」 の建築工事業務等に従事している。 ■ 線 ■セブン の  イレブン り な 通 し 線 大 北 幹 野 新 コーディネーター 長 北 陸 ■ 大原スポーツ 信濃毎日新聞社 編集局報道部次長 駅 公務員専門学校 野 松井 慎央(まつい みつひろ) 長 ファミリー 長野七瀬 1967年長野市生まれ。 92年、信濃毎日新聞社入社。記者として小諸支局、長野本社報道部 (教育担 東口 マート 郵便局 ■ホテル ■ ■ 当) 、 東京支社、同本社報道部の社会、 市政キャップを経てデスクに。 2015年4月から現職。 14年9月の ニッポン サンルート 御嶽山噴火災害を取り上げ、 15年の新聞協会賞(編集部門) を受けた連載企画「検証・御嶽山噴火」 レンタカー■ 長野東口 の担当デスク。現在は社会面を担当し、災害や防災の取材をまとめている。 ■日産レンタカー 定 員 400名 締め切り 平成28年11月28日 (月) 【定員になり次第締め切り】 メールまたはFAXで受付の上、 聴講券をお送りします。 応募多数の場合は先着順となります。 問い合わせ 開催事務局:岩手日報社広告事業局広告部「いわて三陸復興フォーラム係」TEL 019 - 653 - 4118へ。 (9時30分∼17時、 土・日・祝日を除く) 申し込み FAXの場合は、参加申し込み書に記入の上、FAX 019-626-1881 開催事務局:岩手日報社広告事業局広告部「いわて三陸復興フォーラム係」へ。 メールの場合は、名前、郵便番号、住所、電話番号及び 「長野会場参加」 と明記の上、 fukkou@iwate-np.co.jpへ。 ※応募の個人情報は、 岩手県及び岩手日報社が聴講券の発送、 フォーラム受付のみの目的で使用いたします。 〈いわて三 陸 復 興フォーラムi n 長 野 参 加申し込み書 〉 (所属) (氏名) (職名) (電話番号) (郵便番号) (住所)
We Need Your Support
Thank you for visiting our website and your interest in our free products and services. We are nonprofit website to share and download documents. To the running of this website, we need your help to support us.

Thanks to everyone for your continued support.

No, Thanks
SAVE OUR EARTH

We need your sign to support Project to invent "SMART AND CONTROLLABLE REFLECTIVE BALLOONS" to cover the Sun and Save Our Earth.

More details...

Sign Now!

We are very appreciated for your Prompt Action!

x